エステにおけるイオン導入器とポレーションの違い

エステサロンを経営していると、どんなエステ機器を導入しようかと悩むことがあると思います。一口にエステ機器といってもさまざまな種類があり、どのエステ機器を使えばどのような効果が期待できるのか、しっかりと把握してからエステサロンで取り入れたいですよね。

また、安全性はもちろんのことですが、施術を受けていただいたらその効果を実感してお客様に満足してほしいもの。そこで今回は、数あるエステ機器の中からイオン導入器に焦点を当て、イオン導入器の仕組みや他の美容機器との違いについてまとめました。エステサロンで取り入れようか悩んでいる方はぜひ参考にしていただきたいと思います。

イオン導入器の仕組みとメリット

まずエステサロンで取り入れるようか悩んでいる場合はイオン導入器の仕組みやメリットについて詳しく知っておくことも重要です。イオン導入器を取り入れたとき、使用するエステ機器について詳しい知識を持っていれば安心して施術を受けていただけることにつなげることができるでしょう。まず、イオン導入器とは、電気を使って美容液に含まれる有効成分を肌の深い部分まで届けることが期待できる機器のことです。

電気を使うというと、ピリピリとした痛みを感じるのでは?と不安を感じる方もいるかもしれませんが、弱い電気を使うため強い痛みなどを伴うことはありません。次にどのように美容に有効な成分を届けるのかというと、肌の角質層ではプラスイオン、顆粒層ではマイナスイオンが多い状態であり、そのためその間で弱い電気が流れているのだとか。

その電気は、美容液に含まれる有効成分が肌の奥深くに届くことを妨害してしまうため届きにくくなってしまうといわれています。イオン導入器を使うと、電気の力を利用して肌の中のその電気の壁を弱め有効成分を届けることが期待できるのです。イオン導入器のメリットは、美容液に含まれるイオン化することができる有効成分を届けるのにぴったりな機器だということまた、針を使わなくてもいいというところからお客様に安心して施術を受けていただけるという点もメリットといえます。

また、針を使わなくてもいいというところからお客様に安心して施術を受けていただけるという点もメリットといえます。

イオン導入器と他のエステ機器との違いとは?

イオン導入器をエステサロンで取り入れようか悩んでいると、他のエステ機器との違いというものも気になるのではないでしょうか。そこで、いくつかの代表的なエステ機器とイオン導入器の違いについてご紹介します。まず、超音波美顔器との違いは浸透力やそれぞれの効果に違いがあるといわれています。また、イオン導入器の方が肌への負担も比較的軽いのだとか。注目を集めているエレクトロポレーションとイオン導入器の違いは、どちらも美容液に含まれる有効成分を肌の奥深くまで届けるというとこは同じなのですが、その仕組みと届けることができる有効成分に違いがあります

エレクトロポレーションは電気の力を使って細胞と細胞の間に隙間を作り、その隙間から美容成分を肌の奥深くまで入れることができるのです。また、エレクトロポレーションとイオン導入器の大きな違いといえば、導入できる美容成分。イオン導入器は、イオン化できる有効成分しか肌の奥深くまで届けることができませんが、エレクトロポレーションはイオン化できない美容成分も届けることができるという違いがあります。

イオン導入器とエレクトロポレーション

イオン導入器とエレクトロポレーションは「電気の力を使う」という共通点もあるものの、肌の奥深くまで届けることができる有効成分や、その浸透率にも違いがあります。また、エレクトロポレーションは他の施術と組み合わせて使うことで、効果を高めることも期待でいるというメリットも。

そのようなことを踏まえ、電気の力を利用するエステ機器としてイオン導入器とエレクトロポレーションのどちらを導入しようかお悩みのエステティックサロンを経営している方はポレーションをお役立ていただけると思います。