エステサロンの広告は重要!集客アップにつながる上手なアピール方法

>>お客様に選ばれるサロンを目指しませんか?
様々なメニューが広がる美容機器の無料体験会実施中

エステサロンを開業後、経営を安定させるためには顧客の獲得が重要な課題です。

リピート率のアップを狙おうと考えても、まずは顧客にエステサロンを訪れてもらわなければいけません。

そのためには、エステサロンの情報をどのように顧客に届けるかが問題となってきます。

そこで今回は、エステサロンを経営するうえで意識したい集客アップにつながる広告についてご紹介します。

エステサロンの集客ポイントは広告

エステサロンの集客アップをはかるには、さまざまな方法があります。

集客効果が大きく、多くの人の目に入りやすい方法といえば広告です。

広告を上手に使ってエステサロンをアピールすることで、顧客獲得につながる機会が増します。

一口に広告といってもホームページやSNS、チラシや看板など種類はさまざま。

それらをどのように利用するかが集客成功のカギとなる大切なポイントです。

エステサロンに必要な広告のポイント

エステサロンが集客アップを目指して広告を活用するときに、いくつか意識したいポイントがあります。

ただ広告を出しただけでは、顧客にエステサロンの魅力が上手く伝わらず集客アップにはつながらなくなってしまう場合も。

広告を使ってただエステサロンの紹介をするのではなく、エステサロンに訪れたいと思ってもらえるような内容にする必要があります。

ターゲットをわかりやすく設定する

エステサロンが広告を使って集客をする際に意識したいポイントの1つ目は、ターゲットをわかりやすく設定することです。

たくさん顧客を獲得したいという思いからさまざまなターゲットを狙った内容にしてしまうと、情報が多すぎてエステサロンの情報が伝わりにくくなってしまう可能性も。

そのため、どのような人にエステサロンに訪れてほしいかを考え、ターゲットを明確に設定すると広告の内容も考えやすくなります。

エステサロンの長所をアピール

広告を使って集客をする際に意識したいポイントの2つ目は、エステサロンの魅力をわかりやすく顧客に伝えることです。

エステサロンをアピールする際、施術メニューや独自の強みなどを顧客に知ってもらうことが重要なポイントとなります。

そのため、広告では他院にはない独自の施術メニューや雰囲気など、エステサロンの強みを紹介すると集客につなげることができるでしょう。

エステサロンの広告はデザインも重要

エステサロンの魅力を顧客に伝えるには、デザインも重要なポイントとなります。

見にくい広告を出しても顧客の目には留まらず、集客アップとはなりません。

集客アップのポイントをおさえつつ、おしゃれで顧客がエステサロンに訪れたいと思ってもらえるデザインを意識することが大切です。

情報はわかりやすいことが大切

集客アップを狙った広告を作るには、情報がわかりやすいことがとても重要です。

エステサロンとしては、顧客にいろいろな魅力を伝えたいという気持ちがあると思います。

しかし、広告に情報を詰め込みすぎてしまうと、文章が読みにくくエステサロンの魅力が伝わらないまま、顧客を逃してしまうことになってしまうかもしれません。

そのため、情報過多にならないよう、伝えたいポイントを絞ってわかりやすくまとめるようにしましょう。

写真を載せて雰囲気をわかりやすく伝える

エステサロンの魅力をわかりやすく顧客に伝えるためには、写真を活用することも重要です。

文字情報も顧客にエステサロンのことを伝えるうえで重要なポイントですが、写真もいっしょに広告に載せて視覚的にアピールをするのも効果が期待できます。

文字だけでは伝えにくいことを写真を使って説明できたり、エステサロン内の画像を載せて雰囲気を顧客にわかりやすく伝えたりすることができるのがメリットです。

また、文字だけの広告というのは単調な印象となってしまい、顧客の目に留まりにくくなってしまうことも。

文字情報と写真を使って視覚的なアピールを上手く組み合わせることで、顧客にエステサロンの魅力を伝えられます。

エステサロンに来るメリットをアピール

広告を使って情報を顧客に届け、エステサロンを訪れたいと思ってもらうにはメリットをアピールする必要があります。

エステサロンを訪れることでどのような施術を受けられるのか、他のエステサロンでは受けられない施術内容など、顧客にとってのメリットを伝わりやすく記載するようにしましょう。

当然、顧客はよりよい施術を受けたいと考えているので、顧客にとって大きなメリットがあるということはアピールポイントとなります。

エステサロンの雰囲気にあうデザインを意識

文字や写真を使ったアピールも重要ですが、広告を作るうえでデザインも無視できない大切なポイントです。

単調な印象の広告では、顧客の目に留まりにくくなってしまうことも。

そこで、エステサロンのコンセプトにあった画像を使ったり、コンセプトにあった色使いを意識したりするとどういう雰囲気なのかが広告からも伝わりやすくなります。

キャンペーンなどは目に留まるように配置する

キャンペーンの広告は、顧客の目に留まりやすいよう目立つようにするのがおすすめです。

期間限定の割引キャンペーンなどの顧客にとっての嬉しい情報は、「どれくらい割引なのか」「期間はいつまでなのか」などをわかりやすく、キャンペーンを利用してみたいと思ってもらえるような広告を作ることを意識してみましょう。

キャッチコピーや画像の上手な使い方を意識

※イメージにあう画像が見つかりませんでした

顧客を獲得するには、目に留まるデザインの広告を意識しなければいけません。

顧客の心を引き留めるためには、キャッチコピーを添えるのもおすすめです。

顧客の興味を引くキャッチコピーを広告に載せることで、エステサロンの紹介まで目を通し、訪れてもらえるかもしれません。

また、画像の使い方も大切なポイントです。

たくさん画像を詰め込みすぎてしまうと見にくく、逆効果となってしまう場合があります。

そのため、エステサロンの内装や施術中の画像など、顧客に見てほしいポイントを絞って載せることを意識しましょう。

画像を載せる際は文字と画像の量のバランスを考えた広告になるようにするのがおすすめです。

広告でもアピールしたいRGエレクトロポレーション

エステサロンの広告で顧客にアピールすべきことは、他院との違いです。

他院にはない魅力を顧客に伝えることで、エステサロンを訪れたいと思ってもらえる可能性は高まります。

他院との差別化をはかる際におすすめなのが、RGエレクトロポレーションです。

細胞の間に隙間を作り美容成分を届けることができるエレクトロポレーションやEMS、ブルーLEDや高周波、クライオなどの多彩な機能が1台に集約されている複合型美容機器は、エステサロンでも活躍します。

顧客獲得のために、エステサロンのアピールポイントとしてRGエレクトロポレーションの導入をご検討ください。