トラネキサム酸を導入するならエレクトロポレーション

近年、高い注目を集めているエレクトロポレーションは、美容面で有効なさまざまな成分を肌の深層部分に届けることができる技術です。

分子が大きいものや、イオン化できないものも浸透させることができるため、イオン導入や超音波と差別化を図ることもできます。

分子の大きい成分というと、例えばコラーゲンやヒアルロン酸、イオン化できない成分では、アスコルビン酸グルコシドやパルミチン酸アスコルビルなどのビタミンC誘導体があります。

そのような成分も浸透させることができるエレクトロポレーションを、エステティックサロンで導入しようかお悩みの経営者の方もたくさんいらっしゃることと思います。

そこで今回は、数ある美容成分の中から「トラネキサム酸」に焦点を当て、エレクトロポレーションとあわせてご紹介していきたいと思います。

ぜひ、エレクトロポレーションの導入の参考にしてみてください。

トラネキサム酸とは?

まず、トラネキサム酸について詳しくお話ししたいと思います。

トラネキサム酸とは、アミノ酸の1つで主に止血剤や抗炎症薬など、医療面で使われていたものです。

それが、あるときシミの1種である「肝斑」にもよい効果があるとわかり、美容面でも活用されるようになりました。

美容面におけるトラネキサム酸は、メラニンの生成の抑制や、炎症を落ち着かせることが期待できます。

メラニンの生成を抑制するということは、シミやそばかすを改善したり予防したりということにつながります。

メラニン色素は紫外線などが原因で増えてしまいますが、トラネキサム酸はメラニン色素を生成するときに働くプロスタグランジンという物質を抑制するという仕組みです。

また、炎症を落ち着かせることで、気になるニキビや、ニキビ跡の改善ということも。

トラネキサム酸が、肌を炎症させたり色素沈着させてしまったりするプラスミンという物質の働きを抑えることで、ニキビ跡ができるのを防ぐことができます。

このように、トラネキサム酸は美容面でも優れているアミノ酸です

トラネキサム酸を導入するならエレクトロポレーションがおすすめ

トラネキサム酸は、エレクトロポレーションでなければ導入できないのかというと、実はそうではありません。

トラネキサム酸は分子が小さいため、イオン導入でも肌の深層部分まで届けることは可能です。

しかし、エレクトロポレーションとイオン導入は、どちらの技術も電気の力を利用するという似たような部分はありますが、異なる点もたくさんあります。

導入できる成分の違いはもちろん、エレクトロポレーションの浸透率はイオン導入の約6~20倍ともいわれ、肌のpHの変化もありません。

また、エレクトロポレーションは、美容成分を導入する際に針を使用しないため「ノーニードルメソセラピー」とも呼ばれており、針を使用しないという面でお客様の安心感にもつながるのではないでしょうか。

浸透率などを考えると、エレクトロポレーションを使ってトラネキサム酸を導入した方が、効率もいいといえるでしょう。

RGエレクトロポレーションがおすすめ

当社のRGエレクトロポレーションは、4つの優れた機能を搭載しています。

ニキビケアに適したブルーLED、ヒアルロン酸を閉じ込めるクライオ、リフトアップ効果があるEMS、血行をサポートし導入成分を行き渡らせる高周波の4つです。

RGエレクトロポレーションが1台あれば、トラネキサム酸はもちろん、さまざまな美容成分を導入することができるので、新たな施術コースの提供なども可能になるのではないでしょうか。

どの美容機器を導入しようかお悩みの経営者の方にも、当社のRGエレクトロポレーションはお役立ていただけると思います。