業務用エステ機器選びが集客のカギ!家庭用機器との違いも詳しく解説

>>お客様に選ばれるサロンを目指しませんか?
様々なメニューが広がる美容機器の無料体験会実施中

エステサロンオーナー様は、自サロンに導入する機器選びに悩んでいる方も多いはずです。

今回は、業務用エステ機器の機能や種類をはじめ、家庭用機器との違いをご説明していきます。

自サロンの目玉になるような施術が行える機器選びで、お客様の満足度を上げ、何度も足を運んでもらえるようなサロンに導きます。

業務用エステ機器とは

業務用エステ機器とは、サロンや医療機関に導入することを目的としたマシンの総称です。

美肌改善や痩身などその機器の役割は様々で、サロンが提供したいコースやメニューに合った機器選びが重要です。

業務用エステ機器の機能・種類

エステサロンでは、お客様に提案するメニューに合わせた機器を導入するのが基本です。

業務用エステ機器は大きく以下の3つの種類に分けられ、その機能面についても解説していきます。

痩身機器

痩身機器とは、名前の通り痩せることを目的としたエステ機器です。

基礎代謝を促進してむくみを解消することで、お客様の脂肪を落としやすい体質に改善できます。

脱毛器

脱毛器とは、ムダ毛の気になる箇所に光を照射することで毛の処理をする機器のことをいいます。

セルフでのお手入れが難しい部分や、処理が面倒に感じるパーツをプロのエステティシャンに任せることで、お客様の負担を減らすことができます。

美顔器

美顔器は、フェイシャルエステに使われるサロンには欠かせない存在です。

肌をより美しい状態へ改善することが美顔器の最大の役割で、肌悩みに合った施術が行えるよう、いくつかの種類を揃えておくとお客様の満足度も高まります。

業務用と家庭用の違い

お家の中で手軽にエステを楽しめる家庭用は、機器低価格で手に入るうえにサロンに通必要もなく、一見いいことずくめに感じますが実はデメリットもあります。

ここでは、業務用と家庭用機器の違いについて深掘りしていきます。

家庭用の違いその1:操作が簡単

家庭用エステ機器は、エステティシャン経験のない素人の方でも使用できるシンプルな作りになっています。

好きな時間に気軽に行えますが、セルフだからこそケアや処理が難しい顔や体の箇所があるというデメリットも。

家庭用の違いその2:安全性重視

家庭用機器は、ケガ・やけどなどを起こす危険性を考慮し、業務用エステ機器よりも出力が抑えられているものが主流です。

そのため、一度のケアでは効果が実感できないことや、長期継続をしなければ効果が出にくいというデメリットもあります。

業務用は高い出力で短期間で効果を実感

業務用エステ機器はプロが使用するため、出力が高く設定されています。

1回の施術でも効果が感じられ、お客様の負担を軽減するための施術時間短縮にも、出力の高さと安定したパワーが必要です。

業務用エステ機器の効果・効能

ここで気になってくるのは、業務用エステ機器の効果と効能です。

それぞれのメリットを知ることで、来店するお客様の悩みに沿ったメニューやコースをご提案することができます。

痩身機器、脱毛器、美顔器の種類と効果について説明していきます。

痩身機器

業務用痩身機器の種類を大きく「高周波」と「超音波」の2つに分けられます。

こちらの違いは、使われる周波数です。

高周波は、温熱作用で基礎代謝を促進させるラジオ波(RF)で、美肌効果も期待できます。

超音波は、肌を傷つけることなくリフトアップできるハイフや、脂肪細胞やセルライトを破壊してくれるキャビテーションといったものがあります。

脱毛器

エステサロンで扱える業務用脱毛器の種類は、「光脱毛器」が主流です。

フラッシュ光線の力で、毛を処理していくのが特徴です。

美顔器

業務用美顔器は、5つの種類があります。

1つめは「イオン導入美顔器」で、微弱な電流を流し美容成分を肌の奥深くまで浸透させることができます。

2つめの「超音波美顔器」は、超音波の振動を肌に与えることで、美容成分を浸透させ美肌へ。

3つめの「ラジオ波美顔器」は、高周波の力で温度を上げることで肌細胞を活性化させ、様々な美肌効果をもたらします。

4つめの筋肉を収縮させる「EMS」は、肌の引き締めやリフトアップ効果が高いのが特徴です。

5つめの電気パルスの力を使う「エレクトロポレーション」は、イオン化できない美容成分を導入できます。

業務用エステ機器の副作用

施術の副作用について、気になるお客様も多いはずです。

不安を取り除き信頼関係を築くことが、リピートにつながります。

ここでは痩身機器、脱毛器、美顔器の3つの副作用について分かりやすく説明していきます。

痩身機器

施術をしていくと脂肪が減少する分、皮膚がたるんでしまうことがあります。

特にキャビテーションは、施術をしすぎると肝臓に負担がかかるため1日における施術可能な部位と時間が限られています。

脱毛器

肌に与える出力の高いフラッシュの力で、肌へのダメージが生じます。

ですが施術後のほてりなどの症状は、冷却装置がついた機器でフォローすることができます。

美顔器

美顔器は使用する美容液の成分によってはアレルギー反応を起こす可能性があり、敏感肌の方には特に注意が必要です。

事前に行うお客様とのカウンセリングをしっかりしていくことで防ぐことができます。

こんなオーナー様におすすめ

ここからは、オーナー様へ向けた業務用エステ機器のおすすめポイントをご紹介していきます。

購入の際の参考になると幸いです。

痩身機器

痩身機器は、お客様の体形や体格を選ばず施術しやすい機器を選ぶのがポイントです。

ボディ用の業務用エステ機器は特に大型の物が多いので、できるだけコンパクトなものを選ぶのをおすすめします。

脱毛器

効率的にできる脱毛器は、特に広範囲でしたり多くの箇所を施術する方の負担を減らしてくれます。

時間がかからない分他のメニューを追加、面倒なイメージ取り除いて気軽に通いやすくなることで、売り上げアップが見込めます。

美顔器

ゆっくり時間をかけて施術することも大切ですが、サロンの回転率が悪くなってしまうこともあります。

1台で様々な肌悩みを解消できる機能がついているものだと、施術時間の短縮だけではなく、収納スペースの確保や持ち出す作業も最小限で済みます。

業務用エステ機器の選び方

業務用エステ機器を選ぶポイントを、5つに分けてご紹介していきます。

様々な視点から機器のチョイスし、施術の効率やお客様の満足度の高いエステサロンへ導きます。

業務用エステ機器の選び方その1:コスト面

高額で機能面に優れた業務用エステ機器は数あれど、サロン経営の負担になってしまったら意味がありません。

一度の施術での単価やメンテナンスにかかる費用など、長くその機器を使用していくうえでは欠かせない問題です。

業務用エステ機器の選び方その2:多機能さ

お客様の満足度を上げるためには、通常の施術にプラスアルファできる機能があると目を引くメニューやコースが作れます。

1つの機器でどのような施術ができるのか、自サロンに本当に必要な機能が備わっているのかなどの目的を明確にして選びましょう。

業務用エステ機器の選び方その3:大きさ

限られたスペースで扱いやすい大きさの機器にしなければ、通路を塞いでしまいます。

エステティシャンの施術の邪魔にならない機器を選びましょう。

業務用エステ機器の選び方その4:耐久性

業務用エステ機器はどれも高額なため、頻繁な買い替えは難しいと考えられます。

費用を抑えるためには、耐久性についても注意して選びましょう。

もしも機器が壊れてしまったら施術もできなくなり、業務に支障をきたす恐れが出てきます。

業務用エステ機器の選び方その5:保証

長く機器を使って施術してくためには、定期点検やメンテナンスをしなければなりません。

保証期間内にできるサービスを知っておくと、トラブルが起きてもスムーズに対応ができます。

まとめ

様々な業務用のエステ機器や、家庭用機器との違いや選び方についてまとめました。

自サロンに合った業務用エステ機器の導入で、お客様もスタッフも満足のいく施術が叶います。

機能や費用面などを踏まえ、じっくり検討してみてください。