加世田博士イントロダクション|サラヴィオ化粧品 サラヴィオ中央研究所

サラヴィオ化粧品トップ > 中央研究所 > 研究所 所長 情報工学博士 加世田 国与士 のプロフィール

サラヴィオ中央研究所 所長 情報工学博士 加世田 国与士

kase
 九州工業大学情報工学部(生物化学システム工学科)を首席で卒業し、同大学の博士前期課程、そして博士後期課程(情報科学専攻)へ共にトップの成績で進学。 虫歯菌が産生する歯垢合成酵素の研究で博士号(情報工学)を取得。
その後、独立行政法人産業技術総合研究所で、博士研究員として5年数ヶ月に渡り活躍。
  特に、分子モータータンパク質の研究で激しい世界の競争に競り勝ち、世界の高い評価を受ける。その後、イギリスのマリーキュリー研究所に移り、約6年間の研究生活を送る。
 主に、新規抗がん剤が細胞内で作用する仕組みの解明に取り組み、細胞分裂の調節機構について欧米の論文や学会で数々の発表を行う。海外留学の間に、得意のタンパク質研究を発展するのみならず分子生物学、細胞生物学の知識や技術を取得。

 特許取得なども含め、極めて多くの成果を上げており、 YahooやGoogleなどで検索すると、多くの研究活動のページがヒットし、科学者としての権威の高さが伺える。
 また、東京大学、大阪大学、九州大学、東北大学、岡山大学や理化学研究所、情報通信研究機構などの世界トップクラスの研究者たちと共同研究を進めて、学会発表も国内(主に、日本生物物理学会)だけでなく、ノーベル賞学者などが集まる世界最先端の学会(The American Society for Cell Biology、Biophysical Society)でも活躍。
 弊社が誇る加世田博士は、まさに世界を切り開く新進気鋭の研究者です。

 さて、加世田博士が長い研究生活の中でもっとも時間を費やしたのが、分子モータータンパク質の研究です。
 分子モータータンパク質と聞いてもピンとこないと思いますが、一番分かりやすい例では、筋肉を動かす構成要素が分子モーターの仲間になります。
 しかし、分子モーターには多くの種類があります。実は、加世田博士が長年研究してきたタイプの分子モーターは、美肌・美白研究と大いに関係しているのです。シミやそばかす、または白髪といった悩みの原因がメラニン色素であることは良く知られています。なんと、そのメラニン色素を細胞内で運搬しているのは、分子モータータンパク質なのです。
 世界最先端の分子モーターの運動メカニズムについて長年研究してきた加世田博士は、世界最先端の美白研究を繰り広げるべく、イギリスからサラヴィオ研究室にやって来たのです。
 また、加世田博士は細胞分裂研究のエキスパートでもあります。新陳代謝を高め、皮膚の再生を促す研究を繰り広げるには、細胞分裂の仕組みを理解する事が必要です。

 つまり、加世田博士は、最先端の再生・美肌研究家なのです。さらに、分子モーターは酵素(タンパク質の一種)でもありますので、最先端の知識と技術を持って酵素やタンパク質などの生体分子を自由に使いこなす達人でもあります。

 このように、サラヴィオ化粧品は、これまでの皮膚科学や病理学といったオーソドックスな戦略だけでなく、究極のタンパク質科学や最先端の細胞分裂の分子機構に基づいた革命的な研究活動を繰り広げています。弊社は、深夜にも及ぶこのような研究成果をベースにして、商品・開発センターとの密接な連携プレーを繰り広げております。
細胞分裂の瞬間
分子モーターが発生する力によって、ひも状のタンパク質(赤)がDNA(緑)を引き離している瞬間。
加世田博士が60時間以上をかけて撮影した最高傑作であり、ベストセラーThe Immortal Life of Henrietta Lacksの著者Rebecca Sklootに“世界一美しい”と言わせた動画である。

 
サラヴィオ
サラヴィオ化粧品トップへ サイトマップ サラヴィオオンライショップへ