業務用美容機器の選び方とは?機能を知ってサロンにあうものを選ぼう

>>お客様に選ばれるサロンを目指しませんか?
様々なメニューが広がる美容機器の無料体験会実施中

エステサロンに導入する業務用美容機器は、施術メニューや顧客の満足度に関わるとても重要なものです。

しかし、一口に業務用美容機器といっても搭載されている機能やサイズなどの違いがあり、どのようなタイプのものを導入するかはエステサロンのオーナー様にとって大きな悩みどころですよね。

そこで今回は、業務用美容機器の主な機能や種類、導入する際の選び方のポイントについてご紹介します。

業務用美容機器の説明

業務用美容機器は、その名の通りエステサロンなどで使用されることを目的とした機器であり、家庭用とはまた異なった性能を備えています

業務用美容機器の機能・種類

業務用美容機器はいろいろなものがあり、超音波美容機器やEMS 美容機器、イオン導入機能つきのものなどがあります。

また、1つの機能に特化したタイプのものや、複数の機能が搭載された複合型のものなどがあり、それぞれメリット、デメリットがあります。

業務用美容機器の機能①超音波機能

超音波機能が搭載された業務用美容機器は、その名の通り超音波の微弱な振動を利用して、肌にアプローチできます。

微弱な振動でリフトアップなどの効果が期待できるうえに、毛穴の汚れを取ったり古くなってしまった角質を除去したりもできるのが特徴です。

業務用美容機器の機能②EMS機能

EMS機能は、電気の刺激を利用して筋肉の収縮を行います。

電気の刺激といっても微弱なものなので強い痛みはなく、筋肉を収縮させることでリフトアップ効果が期待できるのが特徴です。

業務用美容機器の機能③冷却機能

業務用美容機器には冷却機能が搭載されているものもありますが、この冷却機能を使うことで肌を引き締めることができます

冷却機能を活用すると、有効な美容成分を閉じ込めやすくなるのが利点です。

業務用美容機器の機能④エレクトロポレーション機能

エレクトロポレーション機能は、なかなか届けにくい肌の奥の部分まで成分を届けやすいのが特徴です。

肌の奥深くまで届けるといっても、電気パルスを利用するため強い痛みなどはなく浸透率も高いというメリットがあります。

業務用と家庭用の違い

業務用美容機器と家庭用美容機器には性能やデザインなどに違いがあり、エステサロンなどの業務で使用するのか、家庭で使用するのか、目的の違いにあわせて重視されているポイントが異なります

家庭用は使いやすさや安全性重視

家庭用美容機器は、自宅で使用することを目的としているため業務用美容機器と比較するとサイズが小さめのものが多いという特徴があり、コンパクトなサイズのものが多いためエステティシャンなどの資格がない人でも扱いやすいように設計されています。

また、家庭用美容機器があれば、エステサロンに頻繁に通わなくてもセルフケアができるという利点がありますが、業務用美容機器と比較すると家庭用美容機器は家で使用することも考えて安全性が重視されているため、効果への期待度は業務用美容機器よりも控えめです。

安全性を重視してヤケドやケガなどを防ぐために出力は低めに設定されているのも特徴の1つです。

業務用は機能性が高く出力重視

業務用美容機器は家庭用美容機器とは異なり、エステサロンなどでの活用を目的としているため、家庭用美容機器と比較するとサイズが大きめのものが多くあります。

持ち歩けるサイズのものもありますが、コンパクトながらも搭載されている機能は充実しているため出張エステなどの際にも活用できるのが特徴です。

また、エステティシャンが使用することを考えて作られているため、家庭用美容機器と比べても出力が重視されていて、効果も期待できます。

業務用美容機器の効果・効能

業務用美容機器は、その機器ごとに搭載されている機能によって期待できる効果はさまざまです。

イオン導入機能が搭載されていれば毛穴ケアに、EMS機能が搭載されていればリフトアップに、ブルーLED機能があるとニキビケアにというように、施術メニューの内容が業務用美容機器の機能によって変わってきます。

どのような施術メニューを用意したいかをよく考え、その施術メニューに必要な機能が搭載されている業務用美顔器を選ぶことがポイントです。

業務用美容機器の副作用

正しい使い方している限り、業務用美容機器による副作用はほぼありません。

ただし、誤った使用法や推奨品ではない導入剤などを利用することで、肌トラブルが生じてしまうということがまれにあります。

業務用美容機器を利用するときは、あらかじめヒアリング等をきちんと行ったうえで活用することが大切です。

こんなオーナー様におすすめ

業務用美容機器には、さまざまな機能が搭載されているものや1つの機能に特化したものがあります。

施術メニューの幅を広げたりいろいろな機能を使って顧客の満足度をあげたりしたいと考えているオーナー様には、複数の機能が搭載された複合型業務用美容機器がおすすめです。

1つの機能に特化した業務用美容機器は、その機能を用いた施術のレベルをあげてエステサロンの強みとしてアピールすることもできます。

1つの機能に特化した業務用美容機器を用いてエステサロンの強みをさらに伸ばし、他院との差別化をはかりたいオーナー様におすすめです。

業務用美容機器の選び方

業務用美容機器を導入する際は、料金やサポート、サイズなどいろいろな点を考えなければいけません

業務用美容機器の選び方はいろいろありますが、どの点を重視するか、どういったところに気をつける必要があるかをしっかりおさえておきましょう。

業務用美容機器の選び方その1:料金

業務用美容機器を選ぶ際のポイントの1つ目は、料金です。

一口に業務用美容機器といっても、その料金は搭載されている機能やサイズによって大きく異なります

業務用美容機器自体を購入するほかに、レンタルなどを行っているところもあるので料金を確認しつつエステサロンにあったものを選びましょう。

また、業務用美容機器本体の購入費や維持費以外にも導入剤などのランニングコストもかかることを考え、負担になりすぎないよう選ぶのがポイントです。

業務用美容機器の選び方その2:サポート

業務用美容機器を選ぶ際のポイントの2つ目は、サポートです。

業務用美容機器の販売元によってサポート体制は大きく異なるため、どのような内容なのかも選ぶ基準となります。

業務用美容機器のメンテナンスの頻度や購入後のサポート方法など、どのようなことを行っているかはそれぞれの会社によって異なります。

そのため、料金や機能に加えどのようなサポートが用意されているかも業務用美容機器を選ぶ重要なポイントの1つです。

業務用美容機器の選び方その3:サイズ

業務用美容機器を選ぶ際のポイントの3つ目は、サイズです。

自宅や店舗サロンで活用するだけならば大きなものでも支障はありませんが、出張エステなどを考えている場合は持ち運べる大きさや重量のものでなければいけません

また、自宅や店舗サロンで使うという場合でも、あまり大きなものを置いてしまうと邪魔になってしまう場合もあるので、どれくらいのスペースに設置するのかを確認してから選ぶのがおすすめです。

業務用美容機器の選び方その4:機能性

業務用美容機器を選ぶ際のポイントの4つ目は、機能性です。

1つの機能に特化した業務用美容機器にするか、いろいろな機能が搭載されている複合型業務用美顔器にするかは施術メニューの内容にも関わってくる重要なポイントです。

また、機能性が優れていても使いこなせなかったら意味がないので、どういった機能が搭載された業務用美容機器なのか、使いこなせるのかなどを考えて選びましょう。

まとめ

業務用美容機器についてご紹介しました。

業務用美容機器は種類が豊富で、その中からエステサロンに導入するものを選ぶのはなかなか難しいものです。

しかし、業務用美容機器の導入は、集客率のアップやサロンメニューの充実などのいろいろなメリットが期待できます。

エステサロンで業務用美容機器を導入しようか検討中の方は、機能性や料金などさまざまな面から見て導入を決めましょう