エステサロンの効果的な集客方法とは?新しい顧客をゲットするコツを徹底解説

>>お客様に選ばれるサロンを目指しませんか?
様々なメニューが広がる美容機器の無料体験会実施中

「集客が伸び悩んでいる」「リピーターのお客様が増えない」という悩みをお持ちのエステサロンオーナー様は少なくないはずです。

今回はエステサロンの集客を増やすために欠かせないペルソナとターゲットについてや、効果的な宣伝方法を詳しく解説。

また新たな集客の柱となるような最新美容機器、RGエレクトロポレーションも併せてご紹介します。

コツを押さえてエステサロンの集客アップ!

エステサロンの広告を作るときに、どのようなところを重視していますか?

見やすいデザインや魅力的な写真など配慮するポイントはいくつかありますが、最初に考えておきたいのはターゲットとペルソナです。

誰に届けたいかをしっかりと把握しておくことで、コスト以上の効果を得ることも可能なのです。

コツ1.ターゲットとペルソナの明確化

希望する顧客の客層や年齢層などの範囲を考えるターゲット選びは、広告を出す際に必要な条件です。

ターゲットを明確化させるためには、どのような悩みを持っているかも考えることが必要です。

サロンの強みとなる施術メニューを必要とするターゲットを明確にすることで、同じ広告の言葉でも受ける相手への響き方が変わってきます。

ターゲットを絞ることで多くのお客様に来てもらえないのではという考えもあるかもしれません。

しかし単純に来客数の多さを目指すと接客がままならなかったり、対応が浅くなってしまったりというデメリットにつながります。

ターゲットの幅を狭めてでも、相手の悩みにマッチし、しっかりとした接客を行えるような顧客選びを行うことが大切なのです。

ペルソナとはターゲットよりもより細かい特徴を設定して、はっきりとした人物像を持たせた架空の顧客像です。

年齢だけでなくどのようなところに住み、同のような生活をしているのか。

趣味や好みはどのようなものかなど細かなところまで設定して、そのペルソナに合わせた広告を作成することで顧客として呼び込みたい人物の目にとまりやすくなります。

同じ年齢や性別でも生活環境や趣味によって、好む色やデザインが変わります。

このような細やかなところまで考える戦略は顧客の気持ちをつかみ、リピート客となる可能性が強くなるのです。

コツ2.ターゲットに合った特徴作り

細かな人物像まで作り上げるペルソナは広告によるアプローチの仕方を明確にしてくれます。

例えば接客業をしている方なら標準よりも外見に気づかっている場合が多く、美肌に関心が高いことが考えられます。

また40代以上の方ならシミケアにも関心があるでしょう。

このようなペルソナの場合、美肌やシミケアに特化したメニューを取り揃え、短い施術時間で高い効果の感じられるコースメニューを作成するなどの特徴作りが考えられます。

仕事をしている都合で来店できるのは、終業後か休日となるため、営業時間もサロン選びの重要なポイントになります。

ほかにも育児で忙しい主婦なら、たまの施術時間は静かな環境でゆっくりと過ごしたいと思いでしょうし、ほかの顧客が気になるような環境は好まないでしょう。

このようなペルソナには個室を用意したサロンや、完全予約制でほかの顧客と顔を合わせることのないサロン作りが好まれることがわかります。

コツ3.ペルソナに向けた媒体選び

ターゲットやペルソナの明確化を行うことは、効果の高い宣伝媒体を特定する際にも役立ちます。

もしターゲットが新聞を毎日読むシニア層だった場合、ほかの媒体よりも新聞の折り込みチラシや広告が有効です。

またSNSを日常的に活用する若年層がターゲットの場合には、インスタグラムやツイッターなどを利用するとターゲットの目にとまりやすくなります。

クーポンや懸賞などが好きなペルソナであれば、広告に割引券や招待券の要素を持たせると初回来店のハードルが下がります。

終業時間後などの遅い時間帯の来店が希望の顧客なら、遅い時間帯のみのお得な料金プランを組むと魅力がぐっとアップするでしょう。

このようなターゲットとペルソナによる広告媒体や内容の分析を行うことで、集客効果の高い広告を作成することができるのです。

活用したい広告媒体の特徴

以前は広告といえば新聞や雑誌などの活字媒体がほとんどでした。

しかし今では同じような金額でより影響範囲の広いSNSやWeb広告が登場し、広告媒体は多様化しています。

そんな広告媒体それぞれの特徴をご紹介します。

1.チラシ

昔から広告としてなじみのあるチラシ。

しかし同じチラシでも新聞の折り込みと、直接ポストに投函するポスティングでは効果が変わります。

ターゲットやペルソナがサロンの近くに住む人の場合、自らポスティングを行うことで広告料を節約しながらよりターゲットに近い人に情報を届けることができます。

新聞の読者層がターゲットの場合には、ポスティングで空き家やターゲットのいない家に配達するよりも高い効果が期待できるのです。

2.看板

サロン近隣に通勤・通学している人がペルソナの場合、店舗の入り口に設置する看板も効果が高い広告の1つです。

とくに黒板やホワイトボードを使って、手軽に内容を書き込めるタイプの看板ならば、最新の情報を低コストで広告することができます。

サロン内の写真を貼っておくことで、来店前から親しみを持ってもらうことも可能です。

3.店内広告

一度来客した人にリピーターになってもらいたい場合には、ペルソナの悩みに合った商品やメニューを紹介する店内広告がおすすめです。

こちらもホワイトボードなどで手書きできるものにすれば、外注することなく広告効果を高められます。

広告に興味を持った顧客に会話で詳細を伝えることで、より関心度をアップさせられます。

4.ホームページ

パソコンを使って情報収集したり、仕事をしたりするペルソナ向けにはホームページも有効です。

ホームページは施術メニューの内容や金額など、気になる情報にピンポイントでアクセスすることができるので、仕事や家事などに忙しいペルソナでも活用しやすいというメリットがあります。

5.Web広告

Web広告は若い人向けと考えられてきましたが、最近ではスマートフォンを利用するシニア層も増えて幅広い客層にアプローチできる媒体になりました。

そのためターゲットやペルソナでは取りこぼしてしまう可能性のある客層にも効果があり、顧客の幅を広げていきたいというサロンにはとくにおすすめです。

また広告の出し方によってはコストをぐっと下げられるというメリットもあります。

6.SNS

SNSを利用した広告は手書きの看板などと同じように、外注する必要がないのでコストを下げられるというのが大きなメリットです。

またスタッフや経営者の言葉をそのまま伝えられるので、親近感を持ってもらうことや施術中の話題にすることができるなどの効果もあります。

集客を増やす広告利用のポイント

せっかく広告を出すのならば、より効果の高いものにしたいものです。

ここからは効果的な広告を出すポイントをご紹介します。

人気の高いメニューを記載する

人気のあるメニューをランキングと一緒に紹介する内容は、顧客の満足度がそのまま反映されるので効果的です。

店内広告や看板に記載すると、新規客の目にとまりやすい広告になります。

イメージしやすい写真選び

どの広告媒体にしても1枚はのせたいのが店内の様子がわかる写真です。

店内のイメージがつかめないままだと、なかなかサロンに足が向かないということもあります。

ぜひサロンのコンセプトが感じられる写真を掲載してみましょう。

デジタルマーケティングで成果を確認

Web広告においてはデジタルマーケティングで実際に広告の成果を確認することも、集客アップの大きなポイントです。

成果を確認し、もし集客につながっていないようならば再度ターゲットの設定のようなプランからやり直すといった、PDCAサイクルを行うことで広告に求める目標をしっかりとクリアすることができます。