スポーツ障害と接骨院での治療の方法

高齢化がすすむ現在、生活習慣病の対策としての減量や、筋肉の衰えを防ぐためなど、さまざまな目的をもってスポーツをはじめたという方が多いようですね。

そしてスポーツによって体を動かすというが気持ちいいということで熱心に毎日スポーツを行うという方も多いようです。

しかしあまり熱心にスポーツに打ち込んでしまうことでケガをしてしまったり、慢性的な痛みなどの症状があらわれてしまったりする場合も。

接骨院を経営されている方の中には、そのようなニーズを感じて患者に必要とされるスポーツ治療を取り入れて生きたいという方も多いですよね。

そこで今回は代表的なスポーツ障害と、治療の方法についてお話していきます。

代表的なスポーツ障害とは?

体の老化を防ぐためや体調管理の観点からスポーツを行っている中高年の方の中には、一人で手軽に行えるという理由からランニングをしている方も多いようです。

ランニングなど走るという動作では、ランナー膝と呼ばれる腸脛靱帯炎や疲労骨折などのスポーツ障害が代表的です。

また若いころに行っていたスポーツを再開するという方も多く、テニスやゴルフに打ち込んでいる方もいます。

そのためテニス肘とも呼ばれる上腕骨外側上顆炎や前十字靭帯損傷といったテニスで多いスポーツ障害や、ゴルファーに多い手首や肘関節の炎症や痛みなどといったスポーツ障害も多く聞かれます。

スポーツ障害を治療する方法とは?

スポーツ障害を治療する代表的な方法として、症状の出ている箇所や症状に応じてテーピングを行うというものがあります。

また接骨院でも行うことがある鍼灸によって炎症や痛みを治療するという方法も代表的な治療法ですね。

ほかにも整体やマッサージといった接骨院でなじみの深い治療では、痛みを感じる箇所のハリなどを解消するだけでなく、体のバランスを整えてスポーツ障害を予防するという効果も期待できます。

最近では電気治療を取り入れたスポーツ治療を行っている接骨院も多く、患者にとってはさまざまな選択肢が提供されています。

スポーツ障害の治療や予防に役立てていただきたいRGエレクトロポレーション

このようにたくさんの選択肢があるスポーツ治療。

いままでと同じ治療をしているだけでは、患者の減少がくい止められないと考えている接骨院経営者も多いようです。

では今後の接骨院の経営改善や収入の増加のためには、どのような対策が有効なのでしょうか?

体調管理の観点から中高年の方がスポーツを再開するまたははじめるということが多く、スポーツ障害に悩んでいる方も多いので、そのような年代をよびこむことで新規の集患につなげていくことも有効です。

またスポーツ障害に気をつけたいのは、若い年代の方も同じため、この年代をよびこむことも有効。

若い年代のスポーツ障害は成長期という、体を形成するのに大切な時期に起こることが多いので、予防のためのケアを取り入れるという方法もいいですね。

中高年者から若年層まで広い年代の方の集患には、いままでの方法とは違う治療をアピールすることも必要になります。

そんな集患に役立てていただきたいのが、RGエレクトロポレーション。

エレクトロポレーションによる治療は痛みのない電気パルスを使用したものなので、患者にとっての負担が少ないというメリットがあります。

また温泉藻類から抽出したRG92を導入することにより、炎症や痛みを抑えるという効果だけではなく、自覚症状のない炎症を抑えてスポーツ障害の予防を行うこともできます。

RG92にはドーピングでひっかかる成分が含まれていないので、競技会に出場する方や今後アスリートとして活躍したいという方にも安心していただけるというメリットも。

サラヴィオではRGエレクトロポレーションの無料体験を行っておりますので、ぜひお問い合わせください。