M-1の底力続々発見!ケラチノサイト増殖因子(FGF-10)を増加させる!

サラヴィオ化粧品トップ > 研究室便りトップ > M-1の底力続々発見!ケラチノサイト増殖因子(FGF-10)を増加させる!




  • このページをはてなブックマークに追加
M-1の底力続々発見!ケラチノサイト増殖因子(FGF-10)を増加させる!


実証!M-1の毛乳頭細胞に対する新しい効果【発毛因子FGF-10の増加】

右の実験データは、M-1(加水分解酵母エキス)を添加した毛乳頭細胞において、 FGF-10遺伝子の増加したことを示しています。 FGF-10は毛乳頭細胞から出される「ケラチノサイト(毛母細胞=毛髪のもと)増殖因子」です。
これまでに、M-1により毛乳頭細胞の繊毛が伸びることが分かっていましたが、 どのような発毛シグナル因子(ホルモン)が関与しているのかは不明でした。 今回、始めてM-1により毛乳頭細胞から毛母細胞の増殖を促進するFGF-10が より多く産生されることが明らかになりました。
尚、FGF-10は毛母細胞の「FGFR2」というレセプターに結合することで、 その機能を発揮します。

 FGF-10とは
FGF-10は繊維芽細胞増殖因子のファミリーで、角質細胞成長因子(KGF-2)とも呼ばれ、
1996年に発見された上皮細胞の成長を促進する細胞因子です。
208個のアミノ酸から形成されたアルカリ性蛋白質で、新しい細胞を産生する事で、
 ・シワを防止・改善。
 ・肌の正常な成長を促進し傷の治癒を促進。
 ・コラーゲンとエラスチンの組織を強化し肌の弾力性を維持・改善。
等の機能を持ちます。

つまり、M-1(加水分解酵母エキス)の毛乳頭細胞に対する効果として

@ 繊毛を伸ばす
A FGF-10 (毛母細胞増殖因子)の量を増加する
B 線維状のミトコンドリアの量を増やす
C 細胞活性を増加させる
D 細胞エネルギー(ATP)量を増加させる


『M−1』の毛髪成長促進の作用機序



従来、発毛因子の増加は様々な成分によって実証されてきましたが、今回行った検証は「M-1」
という商品自体を添加した結果
です。
ノンアルコール・無添加・防腐剤フリーのM-1だからこそ導き出される検証結果に、M-1 の底力を
新たに見出しました。

サラヴィオ中央研究所

 
サラヴィオ
サラヴィオ化粧品トップへ サイトマップ サラヴィオオンライショップへ