森藩ファーム

SARABiO温泉微生物研究所内にある実験用農場
通称“森藩ファーム”では、温泉地熱を活かして、
かつては絶滅の危機にまで瀕した日本古来の
スーパーフード、日本山人参の再生事業を行っています。

■ 日本山人参(ニホンヤマニンジン)とは

日本山人参はセリ科の多年生植物で、
和名ヒュウガトウキ(日向当帰)。
漢字からも読み取れるように、自生地は
日向国、現在の 宮崎県の北部と大分県の南部 
に極限される、たいへん珍しい植物です。

■ 日本山人参の数奇な歩み

日本山人参は、古来よりその効能の確かさを謳われてきました。
しかしそのあまりの薬効のすばらしさゆえに、
逆に広くその評判が伝播することはありませんでした。
例えば、その貴重な知識を有する薩摩藩は、
「門外不出の秘薬」「神の草」として
大衆の目に届かぬよう、その存在を
江戸期の長くに渡り藩内に隠匿していたようです。
江戸時代末期、幕藩体制に緩みが生じ始めると、
それまでは難しかった人々の往来が激しくなり、
それに伴い様々な藩の事情や知識が
外部に漏れ伝わり始めます。
当時、島原藩に領有されていた豊後国宇佐郡(現大分県宇佐市)
で医業を営んでいた賀来飛霞(かく ひか)という人物が、
延岡の内藤藩からの依頼で高千穂を含む
日向全域の野草の現地調査を敢行します。
その際、1845年に自生している日本山人参を発見、
自著『高千穂投薬記』にて紹介したことで、
日本山人参の存在は初めて世間に知られるようになりました。
その後、宮崎県や大分県、熊本県などでは
農家による栽培も行われるようになりました。
しかしながら栽培自体が非常に困難であるうえ、
時代の発展及び山野の開発に伴い、自生の数も減少の一途。
現在では環境庁により野生の日本山人参は
絶滅危惧種に指定されています。

■日本山人参の薬効

その存在を他藩に秘密にしておくほどの
薬草であった日本山人参。
ひとえにそれは、その効能の素晴らしさゆえ、
ということが言えます。
大地の滋養をダイレクトに吸い上げる日本山人参の「根」などは、
あまりの薬効の高さに2002年厚生労働省により薬事指定され、
食品として一般販売できないほど。
それでも、葉や茎でもじゅうぶんな栄養素が蓄えられており、
健康食品としての価値は非常に高いと言えます。
まだまだ研究は日々進められ、新しい発見も続いていますが、
古来より人々が珍重し、認めてきた効能について、下記にて紹介いたします。

高血圧抑制

日本山人参に含まれるYN-1(イソエポキシプテリキシン)は食後血糖値の上昇を抑える機能が実証されており、血圧低減に効果があると考えられています。

糖尿病予防

日本山人参はビタミンカリウムを豊富に含みます。それらがインスリンの活動を促進し、血中脂肪やコレステロールの値を下げる働きがあります。

動脈硬化改善

日本山人参には血小板の凝固作用を抑制する効果があるといわれています。血液をサラサラにすることで動脈硬化を抑え、心筋梗塞・脳梗塞の予防になります。

抗炎症作用

炎症反応を引き起こすロイコトリエンB4・C4の活動が、日本山人参によって抑えられることが分かっています。 これにより、気管支ぜんそくや皮膚炎、慢性リウマチなどの炎症軽減が期待できます。
その他にも、肝臓につきやすい脂肪を解消することで肝機能を高めたり
ナチュラルキラー細胞などによる免疫力向上を促して癌を予防したり、
優れた抗酸化活性能力を活かしたアンチエイジング効果も高いと考えられています。
また各種アミノ酸やミネラル、ビタミンB複合体である
ナイアシンなどを多量に含むこともわかっています。
これらの効果・効能については、より一層の研究を
進めていきたいと考えています。
また日本山人参については、副作用などの報告事例は
いまのところまったくありません。
まさに正真正銘の、
日本固有・安心安全・薬効ふんだんのスーパーフード
といえるのではないでしょうか。

■温泉地熱を活かした、SARABiOの取り組み

縁があって日本山人参と巡り合ったSARABiO温泉微生物研究所は、
このスーパーフードを多くの人に届けるため、
効率的な育成と供給を目指して
自社内での生育に取り組み始めました。
キーワードは、自社敷地内に湧く温泉を用いた地熱と、
多くの効果効能が実証されている温泉藻類
5年にわたる年月を経て、絶滅危惧種・日本山人参を
安定的に栽培できる土壌改良に成功しました。
話を聞きつけた農業技術者からも多年根を譲り受け、
植え継ぎも行いました。
今ではまだ生まれたての1年根から、
たくましく育った10年根以上のものまで、
大地の滋養をたっぷり吸いこみながら、
それぞれが別府の空気の中で伸び伸びと育っています。
この自社栽培した日本山人参をふんだんに用いた
日本山人参茶やおにぎりなどは、森藩別邸温泉茶屋
にてお召し上がりいただけます。

またそのお茶や、日本山人参のパウダーと
沖縄県久米島の海洋深層水から採取された
最高級天然塩をブレンドさせたエメラルド
グリーンカラーの「神の御塩」などは、
森藩別邸温泉茶屋もしくは㈱森藩別邸
オンラインサイトからご購入いただけます。