アスリートに知ってほしいドーピングにならない痛みの止め方

2020年の東京オリンピックが近づいてきて、スポーツへの関心が高まっています。なかでもマラソンは個人で行うことができて、アマチュアでも参加できる大会もあるので、とても人気ですよね。ほかにも水泳やゴルフも練習できる場所が多くあるので、楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?スポーツが好きな人たちだけでなく、多くの人にとってオリンピックなどの大きな大会が近づいてくるときになる問題にドーピングがありますね。今回はプロアマ問わず気をつけたいドーピングについてと、ドーピングにならない痛みの止め方についてお話します。

意外と知らないドーピング

ドーピングというとトップアスリートが参加するオリンピックや世界選手権、プロスポーツの世界でよく問題として取り上げられているので、なんとなく知っているという方が多いのではないでしょうか ドーピングで禁止されている薬物の中には、ヒト成長ホルモンなどのような「競技会外検査で禁止されている物質」と、アンフェタミンなどの興奮剤のような「競技会時検査で禁止されている物質」、そして「特定の競技においてのみ禁止される物質」の3つの種類があります。

ドーピングの検査方法としては尿検査が一般的ですが、場合によっては血液検査という方法も。またアスリートの血液を長い期間記録しておき、記録に残っている通常値と最新の値を比較するアスリート生体パスポートといった方法もあるんですよ ドーピング違反が発覚するとその競技会での成績が無効になるだけでなく、選手資格を失ってしまうということもあります。

アマチュアにも広がるドーピング

ドーピングはプロスポーツ選手やオリンピックなどに出場するトップアスリートの世界の話と思っていませんか?最近のドーピング事情を調べてみるとどうもプロやトップアスリートだけの問題ではないようです。海外での事例では自転車競技での機材ドーピングや、アマチュアゴルフ大会での禁止薬物の使用などがニュースになっています。ほかにもマラソン大会に出場する市民ランナーの増加にともなって、タイムを縮めるために禁止薬物を使用するなどという事例も増えてきているようです。

このようなことが多くなってくると、プロスポーツやトップアスリートの世界だけでなく、アマチュアの参加するスポーツ大会などでのドーピング検査が行われることも出てくるかもしれません。また薬物によるドーピングでは健康に害がある成分のものもあるので、長く健康にスポーツを楽しむためには絶対に避けたいものですよね。

ドーピングを気にしないでできる痛みのとり方とは?

上でお話したようなタイムをよくしたいという気持ちや、競技会で上位に入りたいというような理由でドーピングを行ってしまう人だけでなく、無意識のうちにドーピングに引っかかってしまう成分を摂取してしまうことがあります。これは怪我や病気の治療に用いられる薬にドーピングの陽性反応が出てしまう成分が含まれているため。だからといって風邪をひいたのに薬を飲まなかったり、怪我の痛み止めを飲まなかったりというわけにはいきません。とくに関節痛などがある人にとって痛みはつらいもの。そのような状況ではスポーツを楽しめないだけでなく、日常生活にまで支障が出てしまいます。

このような悩みがある人にぜひ知っていただきたいのが、ドーピングになることなく痛みをとることができる「RG92」です 温泉の藻の新種である「RG92」は抗炎症作用を持つ成分で、炎症を起こしているパーツの痛みや腫れも緩和してくれるので、スポーツを楽しむことができます しかも多くの抗炎症剤が持つ副作用である炎症作用がないというメリットもあります。肌に塗ったりする方法でぜひスポーツのあとのアフターケアに役立てていただけるとうれしいです。