歯科医院でのデンタルエステとは?

以前は特定の歯科医院でしか行ってもらえなかった審美にかかわる自由診療ですが、現在ではその需要の高まりとともに、審美を目的とした診療を行う歯科医院が増えてきましたね。このことによって周囲の歯科医院との差別化をはかれなくて、集患に苦労しているという 歯科医の方も多いのではないでしょうか?

今回はこのような経営の悩みを抱えている歯科医の方に、保険診療や自由診療ともに提供することで医院にとっても患者にとってもメリットがあるデンタルエステについてご紹介します。

デンタルエステの需要とは?

歯を白くするホワイトニングやクリーニング、歯肉のマッサージ、セラミックによる矯正など、口腔内をきれいに見せる審美歯科の重要性は、芸能人など人前に出る仕事をしている人以外の一般の患者にも広まっています。

そのため審美歯科治療を行う歯科医が増えてきています。とくにホワイトニングなどの治療はほとんどの歯科医院で行うことができるので、新たな患者を呼び込むためには役立たないというのが現状です。そんな通常の保険治療や審美歯科治療では集患が難しいという悩みをお持ちの歯科医の方におすすめなのが、デンタルエステの導入です。

デンタルエステに大きな需要があるのか?と疑問に思われる方もいらっしゃることでしょう。しかし歯科衛生士や事務員といった従業員の女性に、「口腔内以外の口元の悩みはないか?」と聞いてみると、思っていた以上に悩みが多いことに気づくのではないでしょうか?

とくにアンチエイジングに興味のある年代の方であれば、加齢による唇のしわやたるみが原因で口角が下がってきたなどの悩みを話してくれるのではないでしょうか。

従来の自由診療とは違うデンタルエステのメリット

デンタルエステを専用のサロンではなく、歯科医院で受けられるというのは、患者にとってもメリットのあること。
保険治療や審美歯科治療といった今までの治療を進めるのと同時に、デンタルエステの施術を受けることは、通いなれた環境と気心が知れているスタッフによる施術というメリットがあります。このほかにもほうれい線が気になりだした患者が新たにデンタルエステの専用サロンを探す手間を減らし、少なからず時間の節約をしてもらうということも可能です。

ホワイトニングやセラミックによる矯正など審美歯科治療を目的に通院している患者であれば、口元のアンチエイジングや美容にも興味がある方が多いでしょう。また長く保険治療などで通院している方から、しわやシミといった口元の悩みを聞く場面も多いのではないでしょうか?そんなときにデンタルエステの設備を備えていれば、患者の悩みを少なくすることも可能です。

がある方が多いでしょう。また長く保険治療などで通院している方から、しわやシミといった口元の悩みを聞く場面も多いのではないでしょうか?そんなときにデンタルエステの設備を備えていれば、患者の悩みを少なくすることも可能です。

またほかの審美治療とは違い、デンタルエステを導入している歯科医院は今のところあまり多くはありません。近隣の競合医院との差別化をはかるという大きなメリットも考えられます。

RGエレクトロポレーションによるデンタルエステ

RGエレクトロポレーションは「安全な機能性原料を効率よく経皮吸収させるアプローチ」であるという論文が科学研究開発専門誌 FRAGRANCE JOURNAL に掲載されています。アンチエイジング効果が期待できる温泉の藻のRG92と温泉酵母を効率的に導入できる機器。そのため患者にほうれい線や口元のしわやシミといった悩みに対するアンチエイジング効果を、早く実感してもらえるという期待が持てる機器です。

審美を目的とした女性の患者が多いという歯科医院や、周囲に競合医院が多くほかとの差別化をはかって集患につなげたいという歯科医の方の経営の悩みにポレーションをお役立ていただけると考えています。