「ビジネスチャンス」10月号にて「おおいた温泉座」フランチャイズ展開について掲載|サラヴィオ化粧品 メディア掲載情報

サラヴィオ化粧品トップ > メディア掲載 最新情報一覧 > 雑誌・専門誌等 > 2016年8月22日発行 「ビジネスチャンス」10月号

カテゴリ別一覧

メディア掲載 最新情報一覧 テレビ掲載情報 新聞掲載情報 雑誌・専門誌掲載情報 WEBマガジン掲載情報 サラヴィオCMギャラリー プレスリリース
メディア専用お問い合わせフォーム
.
2016年8月22日発行 「ビジネスチャンス」10月号
足湯ビジネスで差別化 加盟金ロイヤリティ0円の温泉FC

サラヴィオ化粧品(大分県別府市)は温泉に潜む「温泉藻類®RG92」に着目した研究開発をもとに、オリジナルの化粧品を全国に展開している。自社研究所を構え、専門研究員が「温泉のちからで未来を変える」という理念のもとで開発する、天然100%の基礎化粧品やボディケア商品の評判は高く、地方創生特別賞にも輝いた。これまで以上に多くの肌トラブルに悩む人を救いたいという思いと、店舗販売を求める地方の顧客の要望に応え、2016年5月、フランチャイズ展開を開始した。


店舗に設置した足湯で癒しを提供し、温泉由来の化粧品の紹介を行うというシステムで、店舗第一号の浅草本店は集客、売上ともに本部の想像を超える伸びを記録している。足湯を併設した施設はメディアからも数多く取り上げられ集客効果はバツグンだという。例えば、加盟店の一つであるホームセンターは仕事で疲れがたまっている層や高齢者のために足湯を設置することで新規の来客が増え、関連するバス製品の売上が向上した。また、美容院のように特定の機会に来客が集中する店舗は、足湯を新規顧客の開拓として検討しているという。


フランチャイズ加盟店は、本部から商品を仕入れて販売する。ターゲットは30代~60代の女性。来客者は足湯に入りながら商品を試し、入浴剤やスキンケア製品を購入するケースが多い。特に、別府温泉由来の入浴剤は、自宅でも気軽に温泉気分を体験できるため、家族用、ギフト用として特に人気だという。


「安心して長期的なビジネス展開をして欲しいという思いから、初期費用0円、一市一店に限定しオーナーを募集しています。」FC統括部長の淵野正義氏は話す。


【掲載記事】
2016年8月22日発行 「ビジネスチャンス」10月号に掲載






サラヴィオ
サラヴィオ化粧品トップへ サイトマップ サラヴィオオンライショップへ