第27回 「日本皮膚外科学会総会・学術集会」 にて学術発表 |サラヴィオ化粧品 サラヴィオ中央研究所

サラヴィオ化粧品トップ > 中央研究所 > M-1研究・開発チーム 日本皮膚外科学会にて学術発表
第27回 「日本皮膚外科学会総会・学術集会」 にて学術発表


[+]
 (ヒト毛乳頭細胞一次繊毛の新しい機能を発見)
〜育毛理論に急展開〜 毛乳頭細胞による新規育毛活性化機構を提唱
平成24年9月1日・2日に開催された第27回日本皮膚外科学会総会・学術集会にて、 中央研究所 M-1研究開発部プロジェクトリーダーの松島一幸博士が学術発表を行いました。
当研究所のメインプロジェクトの一つである毛乳頭細胞研究の最先端について 「ヒト毛乳頭細胞一次繊毛の構造と機能の関係」というタイトルで発表しました。 今回は、毛乳頭細胞が支配する発毛シグナルを当社が世界で初めて可視化に成功した一次繊毛(単離培養 毛乳頭細胞)の観点から行った研究成果です。


一次繊毛の発毛に関わる新機能の発見により、今後の見通しが明るくなりました。 近い将来の医学的応用が期待される当研究結果に対して活発な質疑応答も行われました。

[+]
 (発表中の松島一幸 博士)

[+]
 

[+]
 (日本皮膚外科学会総会・学術集会 会場)



 (発毛シグナルを担う繊毛) ( DP繊毛によるケラチノサイトの増殖促進)
【研究成果の概要】
単離培養した毛乳頭細胞一次繊毛の蛍光染色観察(繊毛の可視化)
一次繊毛の長さ(繊毛長)の定量的解析
繊毛長の制御系の構築
繊毛によるケラチノサイト(上皮系細胞)の細胞分裂増強作用を発見
繊毛による線維芽細胞(間葉系細胞)の細胞分裂増殖作用を発見

【毛乳頭細胞と繊毛について】
毛髪のヘアサイクル(成長期‐退行期‐休止期)は毛包細胞間のシグナル伝達によって支配されている。毛乳頭細胞は、発毛シグナルの司令塔と言われ、常にヘアケア研究の中心的存在である。毛乳頭細胞におけるシグナルの送受信に深く関与しているのが繊毛(せんもう)であると考えられており、世界の注目を集めている。



発表内容(一部紹介)

[+]

[+]

[+]

[+]




全国の有名大学・医療機関 総勢73団体中  企業発表は当社のみ

[+]

[+]


1、 兵庫県立がんセンター皮膚科
2、 群馬大学 皮膚科
3、 川崎医科大学 皮膚科
4、 岡山大学 皮膚科
5、 九州大学 皮膚科
6、 蒲郡市民病院 皮膚科、名古屋市立大学 皮膚科
7、 岩手医科大学 皮膚科
8、 埼玉医科大学 皮膚科
9、 広島市立安佐市民病院 皮膚科
10、 佐賀大学 皮膚科
11、 岩手医科大学 皮膚科
12、 広島大学病院 皮膚科
13、 済生館 皮膚科
14、 中京病院、名古屋大学
15、 関西医科大学枚方病院 皮膚科
16、 三楽病院 皮膚科
17、ヒト毛乳頭細胞 一次繊毛の構造と機能の関係
株式会社サラヴィオ化粧品 ・ サラヴィオ中央研究所

18、 市立四日市病院 皮膚科
  以下 略 




サラヴィオ中央研究所 松島一幸 博士 学会発表インタビュー
第27回日本皮膚外科学会総会・学術集会
 会 頭: 高橋和宏(岩手医科大学皮膚科)
 事務局長:前田文彦
 会 期:  平成24年9月1日・2日
 会 場:  岩手県民会館
 テーマ:  皮膚外科の危機管理
日本皮膚外科学会公式ホー ムページはこちら






 
サラヴィオ
サラヴィオ化粧品トップへ サイトマップ サラヴィオオンライショップへ